ニキビ肌向け-本当に正しい洗顔方法教えます!

ニキビ

繰り返すニキビ、実は洗いすぎが原因かも?

ニキビができてしまったとき、みなさんはどんな対策をとっていますか?
なによりもまず、「きちんと顔を洗ってお肌を清潔にしなければ!」と必要以上にお顔を洗っていませんか?
実はその洗顔がニキビを悪化させる原因の一つなんです!

そもそもニキビができている状態のお肌はとってもデリケート。
普段より敏感になっているお肌に洗顔で刺激を与えれば、お肌はさらに傷ついてしまいます。

「ニキビができてしまった!」そんなときこそ初心に戻って丁寧なケアが大切!
ここでは肌ケアの第一歩、「洗顔」から見直していきましょう!

ニキビ肌向け!【NG洗顔】【OK洗顔】

ニキビが出来ているとき、なんとなく「いつもよりしっかり洗おう!」としていませんか?
皮脂をよく取り除くニキビ用の洗顔料に変える方もいらっしゃると思います。

実はそれ、どちらもNG洗顔です!

ニキビが出来たときはお肌がとても敏感な状態、傷ついた状態。
ニキビ肌は逆に、洗いすぎない方がよいのです。


NG洗顔OK洗顔

【ニキビ肌のNG洗顔】

1.熱いお湯でごしごし洗い
熱いお湯は乾燥を防ぐための皮脂まで落としてしまい、ごしごし洗いはお肌を傷つけてしまいます!

2.朝晩しっかり洗顔料で洗顔
朝のお肌はほとんど汚れていないので水洗顔でOK。洗顔料で洗うと皮脂が落ちすぎて乾燥の原因に!

3.しっとりする洗顔料を使用
ニキビの原因となる余分な皮脂はしっかり落とす事。洗浄力のない洗顔では意味がありません!

以上3点がよく見られるNG洗顔です。
お肌や毛穴の余分な皮脂はしっかり落として、お肌に潤いを与えるのに必要な皮脂はしっかり残す。 これがニキビ肌向けの正しい洗顔のポイントです。 具体的な方法をご紹介します。

【ニキビ肌のOK洗顔】

1.ぬるま湯で泡洗顔!
きちんと洗顔料を泡立て、30~35℃くらいのぬるま湯で泡を押すように洗いましょう。
※手で直接肌をこするのは絶対NG!泡をお肌の上で転がす感じで!

2.洗顔料を使うのは夜だけ!朝は水洗顔で!
夜は洗顔料で丁寧に洗顔を。朝は水のみでお肌の表面を洗い流すだけにしましょう。
※朝の洗顔でべたつきが気になる場合は、Tゾーンのみ洗顔料を使用してもok!

3.皮脂や角質を優しく落とせる洗顔料を選ぶ!
皮脂は落としすぎても、残ってしまってもダメ。角質除去や毛穴の汚れを落とすが、お肌に優しい洗顔料を!
※ニキビ用ではなく、なるべくシンプルな成分の上質な洗顔料を選ぶのがコツ。

普段の洗顔方法と比べていかがでしょうか?
それほど特別なことをしなくても、いつもの洗顔を少し変えるだけで、お肌のコンディションがかなり違ってきますよ!

ニキビ予防だけじゃない!正しい洗顔のメリット5つ☆

洗顔のメリット

正しい洗顔を行うとニキビ予防だけでなく、ほかにもたくさんのいいことが!
こちらではその一部をご紹介します。

●セラミド(お肌の保湿成分)や皮脂など保湿成分がなくならないので潤い肌が持続

●洗いすぎによるお肌の乾燥がおこらないので、お肌のバリア機能が低下せず、健やかなお肌が持続

●お肌の生まれ変わり機能(ターンオーバー)が正常に行われるので老化防止になる

●毛穴の開きや角栓のつまりも予防できる

●お肌が健康な状態になり、自然治癒力が高まるので敏感肌になりにくい

こんなかんじでいいことずくめですね!
ニキビ予防にはまず、お肌を健やかな状態に保つことが何よりも大切です。
そのためには特別なケアをしたり、高い化粧品を使ったりしなくてもいいんです!
正しい洗顔をおこなうことで、自分自身の力だけで美肌を保つことが出来る健康で強いお肌を手に入れましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ