赤ニキビ、白ニキビ両方に効果あり!大注目のニキビ薬『ベピオゲル』

ペピオゲル1

今までは、ニキビ治療薬には「ディフェリンゲル」が有名で人気もありましたが、2015年4月に新薬として『ベピオゲル』が保険適用として登場しました!

今までのニキビ薬にはない、ピーリング効果を持つニキビ薬として注目されています。

効果

ニキビ

主な成分は過酸化ベンゾイルで、にきび治療には欠かせない成分です。

ベピオゲルは、ニキビの原因菌の増殖を抑え、ニキビの原因となる毛穴のつまりをなくしてくれる効果があります。

ベピオゲルの成分、過酸化ベンゾイルは抗菌作用に加え、ピーリングのように肌の古い角質をはがす作用があります。

これまでのニキビ治療薬は、長く使うと耐性菌ができてしまいだんだんと効果が薄れてしまうという難点がありました。

しかし、BPOの抗菌作用はBPOが分解されて生じるフリーラジカル(活性酸素の一種)によるもので、耐性菌ができにくくニキビができてしまった場合でも繰り返し使えます。

白ニキビ・赤ニキビどちらにも効果的なのもポイントです。

服用方法と副作用

塗り薬

【服用方法】

1日1回、就寝前に患部に塗ります。

顔全体には塗らずニキビにのみに塗りましょう。

化粧水や保湿をした後に最後に塗ってください。


【副作用】

  • 皮膚のかゆみ
  • ヒリヒリ感
  • 皮膚が赤くなる
  • 皮膚がうすくはがれる

などが挙げられます。

人によって程度はさまざまですが、1週間ほど使い続けていくと緩和されます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ